2013年10月01日

もし知らないと大変なことになる、、、昨今の「完全描き下ろしとストック」について

今回は「完全描き下ろしとストックについて」、、これを書いて見ようかな…

トミー爺が作曲家、作詞家さんのマネージメントをするようになったのは1980年代前半くらいだったかな…

その当時は作曲家はデモテープをカセットテープに録音していた。
作詞家はワープロや手書き原稿を郵送したり手渡しをしていた時代でまだファックスは普及していなかったと思う。

その時代は「作曲家は作品ストックが出来て、作詞家はストックってありえないよね」という話を良くしていたのを思い出すし、また「作曲は発注は決め打ち(作曲家を名指しで依頼するケース)とコンペが混在していて、作詞は決め打ち」だった。

今は作詞家も当たり前のようにコンペになり、作曲家はコンペの規模も大きくなり、有名アーティストのコンぺはかなりの作品が集まってくるって聞いている。

その当時、作曲家は提出してNGになった楽曲はすぐに戻してもらえて次の発注に回すことが出来た。

なんせ曲を戻してもらう時に提出したカセットテープも一緒に戻してもらうケースが殆ど…

でも今は環境が激変している。

提出はmp3などの音楽ファイルで提出、それも郵送とかではなくデーターを送るインターネットサービスを使ってのやり取り

また一度提出した楽曲は、中々返却してもらえないケースもある

ではこんな時代を生きる作家はどうやって立ち振る舞えばよいのか?

・完全描き下ろしの定義とは…

・ストックは使えないのか?

・ストックの焼き直しは使えるのか?

これは興味ある問題だよね…

この問題って、書けば結構長くなるから少しずつ何回かに別けて書かせてもらおうかな…

楽しみにしていてください









【トミー爺の関連サイト】

トミー染川のSong Bank & トミー塾  メンバー募集中!
・作品力をアップしたい人、プロの作詞家・作曲家へチャレンジしたい人 募集中!!


有限会社トライエックスミュージック社
・一曲から出来るitunes配信デビュー!俺が聞きたい曲は俺が出す!!
有限会社トライエックスミュージック社はiTunes配信、iDebut正規総代理店です。

posted by トミー爺 at 18:42| トミー染川の作家TPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright 1998-2007 TRY-X MUSIC Ltd allright reserved